ビデオスロットとは何か?

ビデオスロットとは何か?

ビデオスロットとは超簡単にいうとアニメーション化されたオンライン上のゲームみたいなスロットのことです。現行のパチスロ機とは全くことなります。ここでは、現行のパチスロ機とビデオスロットの違いを比べなが簡潔に説明していきたいと思います。パチスロ機と大きく違うところは以下の3つと言えるでしょう。

1.設定がない
2.ベット額は自分で決める
3.大当たり額の上限がほぼ決められていない
おまけ 目押し不要

まず1についてですがビデオスロットには設定がありません。一部を除き大当たり確率も公表されていません。しかし、ビデオスロットのペイアウト率は約95%になっています。パチンコパチスロが約80%、競馬は約70%らしいので、ビデオスロットは勝ちやすいと言えるかも知れません。しかし、これはあくまでデータであって、もちろん、大きく勝利したり、大きく負けたりする事もあります。それは頭に入れておきましょう。

続いてベット額は自分で決めれると言う事です。現行スロット機は一回転回すのに60(20×3)円ですよね?前の記事に書いたように、ビデオスロットは一回転(0.1ドル約10円)で回せるものもあります(機種によってはそれ以下も)、逆に一回転2ドル(約200円)や10ドル(約1000円)といった賭け方もできるというわけです。

最後の3つ目は大当たりの上限額がほぼ決められていないと言う事。現行の20円スロットの某ピエロさんは1ペカBIGコイン約300枚(約6000円)が上限ですよね。その当たりをコツコツと積み上げていくわけです。一方でビデオスロットは一回の大当たり(フリースピン等については別で説明します。)でベット額の1000倍、2000倍出ることもあります。つまり、1000倍の配当が出た場合、1ドル約100円ベットしてれば、一回の大当たりで1000ドル約10万円獲得となるわけです。中にはベット額の10000倍、20000倍になる機種もあります。夢がありますね。今回も最後まで読んで頂きありがとうございました。